通販LIFE┃ふすまパンや有機野菜は健康を意識する人の強いミカタ

料理

種類も沢山

蜂蜜のこれまでの歴史についてご紹介します

蜂蜜の歴史はとても古く、諸説ありますが紀元前7000年前から1万前には既に人類は蜂蜜を採取していたと言われています。また古代エジプトでは遺跡の壁画に養蜂をしていると思われる人々の姿が描かれており、その歴史がいかに古く、人間の生活と密接にかかわってきたかが分かります。 日本では奈良時代の終わりから平安時代にかけて蜂蜜が伝わり、天皇への献上品としての記録やまた今昔物語にもミツバチを育てている記述があります。 そして江戸時代には巣箱を使って養蜂をはじめ、それが飛躍的に拡大したのは明治時代になってからで西洋式の採取方法が伝わったことから格段に蜂蜜の製造が増えることのなりました。 現在ではインターネットの普及もあり、通販なので色々な種類の蜂蜜を手軽に手に入れることができます。

これからの動向についてご紹介します

日本では高度経済成長期には自然環境の減少により養蜂に適した土地が少なくなり、養蜂家も減ることがありましたが、現在は自然環境の改善や、健康志向やグルメな人の増加により蜂蜜の摂取量の増加し蜂蜜は増産傾向にあります。 海外からの輸入のハチミツもたくさんあり、いろいろな種類のもの、値段、味を選び自分このみのモノを見つけることができるようになりました。 これらの様々な種類の蜂蜜はインターネットなどを介した通販で買うことができます。 今後の動向はこれらの蜂蜜がどこ産のものなのか、何の花から採取されたものか、誰が採取したのかという区別が強くなることが予想されます。 またそれを食べ比べて品評するグルメたちがつくる品評サイトなどもインターネット上で活発に行われることでしょう。